シカゴ郊外在住。2歳の愛息子「たくりん」のことが中心の親ばかブログです。


by takurin614
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

7月5日(火) スカイダイビング

本日、快晴。スカイダイビングには最適な日でございます。
イリノイ州からウィスコンシン州に入って10分ぐらいのところにあるスターバント(と読むのかしら?)にある小さな小さなエアポートでスカイダイビングをします。
私にとって、スカイダイビングは2回目。
妹にとっては、初めてのスカイダイビング。
タンデムジャンプは、1回約195ドル。これにビデオをつけると約90ドル。
妹はビデオ付でやってもらいました。

前回、かなり詳しく説明してくれたので、そのつもりで行ったら、
とっても簡単な説明で拍子抜け。
妹にいたっては、説明はほとんどなし。
2人でいるからかしら?
妹には全て私が説明しました。
と言っても、説明したのは、飛び降りる時のタイミング、姿勢、パラシュートを開く時のタイミング、着地の姿勢の以上。
こんな簡単でいいの~!!!ってな感じでした。
e0000175_14173746.jpg
飛び立つ前、ジャンプスーツを着て、説明を受けている私たち。近くにいる男の人2人がインストラクター。


e0000175_14192882.jpg
たくりんとプロペラ機。このプロペラ機でスカイダイビングをしに行きました。





さて、いよいよ飛行です。
乗り物好きのたくりんは、一緒に乗るって駄々こねるかと思ったら、プロペラの音が怖かったらしく、おばあちゃんに抱っこされて、遠くからバイバイして私たちを見送っていました。
スカイダイビングをする地点までは約20分の飛行。
約10,000フィートのところまで行きます。
途中、下にミシガン湖が見えてきれいでした。
最初は、私から。
前からでんぐり返しをするように飛び降り、6,000フィートまでフリーフォールです。
風が強くて息ができないほど。
きっとビデオに写ってたら、金魚みたいに口をパクパクさせているんだろうなあ。
その後、自分でパラシュートを開きます。
かなり、ぐいっと上に引っ張られる感じです。
その後は、のんびりパラシュート、と、思ったら、インストラクターがパラシュートを思いっきり引き、空中でぐるぐるコーヒーカップみたいに回してくれました。
なかなかスリルがあっておもしろかった。
これを繰り返すこと4,5回。
そしてそのまま着地しました。
そして、妹が手を振りながら降りてきました。
楽しかったみたい。かなり怖かったみたいだけど・・・。
その直後、DVDを編集して見せてくれました。
妹のフリーフォール時のとっても怖そうな顔。思わずみんなで笑ってしまいました。
私もビデオに撮られてたら、似たような顔をしてたんだろうけど。
とっても良い体験ができました。
「スカイダイビングをしました。」というサーティフィケートをもらって、おしまい。
e0000175_14324515.jpg
終わった後の余裕の表情の妹とたくりん。
念願のスカイダイビング、妹さん、いかがでしたか?
[PR]
by takurin614 | 2005-07-12 14:37 | 家族