シカゴ郊外在住。2歳の愛息子「たくりん」のことが中心の親ばかブログです。


by takurin614
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:旅行( 11 )

この週末は紅葉を見に行ってきました。
来週中ごろがピークだと「Fall Color Report」に出ていたので。
今回の紅葉ツアーは、パピーのお仕事の出張も兼ねていました。

10月6日(木)
自宅からウィスコンシンのアップルトンまで、車で約4時間ぐらいでしょうか?行ってきました。
そこで、その日は宿泊。

10月7日(金) 曇 気温華氏55度
午前中、パピーはお仕事なので、特に出かけることもなく、たくりんとホテルで過ごしました。
そして、午後、グリーンベイに向かって出発です。
着いてまず、チェックイン。そして、ドアカウンティーに向けてまた出発しました。
スタージョンベイまで行き、ツーリストインフォメーションセンターにて、いろいろ情報を仕入れて、帰り道の途中にあったステートパークに行きました。
道中ずっと木々を見ていたのですが、確かに色は変わっています。でも、きれいだねー、とほれぼれするような感動はありませんでした。
土曜日、晴れることを祈りつつ、ホテルに戻りました。

10月8日(土) 曇 気温華氏50度
本日は1日かけてドアカウンティーを周る予定。でも、あいにくの曇り。午後は晴れるといいなあ、と思いながら、まずは、ドアカウンティーの北にあるワシントンアイランドに行きました。
ノースポートという港から30分フェリーに乗ってワシントンアイランドのデトロイトハーバーに到着。
この頃からうれしいことに、晴れ間がちょっとずつ広がってきました。
まずは、お昼をワシントンハーバーの所にあるスクールハウスビーチで食べました。
お昼は昨日の夕食の残りの冷たいピザ。
e0000175_12413716.jpg
このスクールハウスビーチの水はとってもきれいでした。
真夏だったら、泳ぐと気持ちいいでしょうね。


しばらくビーチの前で、たくりんとパピーは石を湖に投げて楽しみ、その後、車で島を周ってみました。
とっても小さな島なので、すぐ島一周できます。
3時のフェリーでノースポートに戻り、ハイウェイ42号を南下しました。
昨日、インフォメーションセンターで、「Q」という道がお勧めだと聞いたので、早速行ってみることにしましたが、特にこれといってきれいな所もなかった・・・。
そして、途中にあるステートパークに行ってタワーに上り、そこから見えるグリーンベイとドアペニンシュラを眺めました。やっぱり紅葉はイマイチ。
さらに南下して、ハイウェイを外れて「B」という道を通ってみました。ここも、インフォメーションセンターでお勧めだと聞いたんですが・・・。どこがPretty?という感じでした。

10月9日(日) 晴れ時々曇り 気温 華氏55度
本日はグリーンベイを南下してまずは、ケトルモレインフォレストに行きました。
e0000175_6372617.jpg 
こちらは、毎年行っている紅葉スポットなんですが、2年前はめちゃくちゃきれいでした。でも、今年はこんな感じ。まだ、紅葉してない感じですが、すでに葉はいっぱい落ちています。
2年前は、この緑の葉が全て黄金色で、とってもきれいでした・・・。


この後、西へ向かって、紅葉ツアーの最終目的地デビルスレイクに行きました。
e0000175_6385878.jpg晴れていたので、湖の水はきれいに澄んでいて良かったんですが、紅葉の方は、さっぱりでした。ここには、メープルの木がいっぱいあって、2年前は本当にきれいだったんですけどね。残念。
そして、ここでも、砂遊びを楽しむたくりんでした。

こんな感じで、今回の紅葉ツアーはただのウィスコンシンドライブツアーになってしまいました。
来年は、どこに行こうかしら?
[PR]
by takurin614 | 2005-10-10 12:53 | 旅行
9月10日(土)
グレートフォールズを8時半に出発。200号線を西に進むこ3時間半。途中のトイレしかないレストエリアで昼食を食べました。さらに200号線を東に進み、グレンダイブという町でハイウェイ94に乗り換えました。そして、すぐにノースダコタ州へ入ります。ここからシカゴ時間になります。行きに見たキャニオンが見えてきましたが、行きほどは感動しませんでした。やっぱり素晴らしい山の景色を見てきたからでしょうか?そして、ハイウェイ94をひたすら西に進みました。そして、やっとノースダコタ州の西端で、この州の中で一番大きな町であるファーゴに着いたのは、夜9時半でした。ロングドライブで疲れたため、さっさとシャワーを浴びて3人ともすぐに寝ました。

9月11日(日)
朝、8時出発。午前中にミネソタ州を通り抜け、ウィスコンシン州に入ってすぐのインフォメーションセンターで昼食を食べました。ここで、ちょっと大変なことが・・・。
いつものごとく、外でお昼を食べていたんです。3人ともおにぎりを食べていました。にこにこおにぎりを食べていたたくりんが急に大声で泣き出しました。また、舌でも噛んだのか、と思って見てみると、なんと、たくりんの口の中に黄色いアブがいたんです。マミーもビックリして、すぐにたくりんの口を開いてアブを出しましたが、すでに刺されていました。とりあえず、傷薬をつけて様子を見ましたが、やっぱり腫れてきました。ポコンと水ぶくれみたいな腫れ方で痛々しそうでしたが、数時間で腫れがひいたので良かったです。帰ってからひよこクラブの付録にあった病気に関する本を見てみたら、「蜂に刺された場合は、ショック症状が出ることもあるので、早めに受診しましょう。」みたいなことが書いてあって、ちょっと顔が青ざめてしまいました。刺されたのが蜂でなく、アブで良かったです。本当に・・・。
そして、自宅に戻ったのが、夜8時でした。
久しぶりの車での長期旅行、山の景色を楽しんできました。
また、是非、カナディアンロッキーに行ってみたいと思いました。
[PR]
by takurin614 | 2005-09-21 10:12 | 旅行
9月9日(金) 昨日に引き続き、今日も雨。
残念ですが、仕方がない。楽しみにしていたレイクルイーズ・モレインレイクもきれいには見えないと思いましたが、とりあえず、行ってみました。一昨日とは打って変わって、駐車場はがら空き、一番近い所に止めることができました。
私たちの見た景色はこんな感じでした。
e0000175_1625177.jpg
雨のレイクルイーズ。


e0000175_1641013.jpgモレインレイクです。途中で、雹が降ってくるし・・・。パピーには、「雪が降ったらこの道を帰るのは大変だよ。」と言われつつ意地でモレインレイクまで行ってきました。


とっても残念。この2つの景色が見れなかったのは本当に残念です。昨日見ることができなかったペイトレイクにも行くのを断念して1号線でバンフへ向かいました。ここでも、写真に載っているような街の向こう側に山が見える景色は見ることができませんでした。

バンフでちょっとお買い物をしたんですが、ビックリしたことに、日本人の店員にしか会わなかったんです。と言っても、2件しか行かなかったんですけどね。この2つとも、日本のガイドブックを見て行ったわけではなく、現地で入手したガイドブックを見て行ったんですよ。日本語で応対されて、こっちがドキドキしてしまいました。それだけ、日本人観光客も多いんでしょうね。

バンフを後に、1号線でカルガリーへ向けてドライブ、そして、2号線で南下。FortMcleodで3号線を東に進み、Lethbridgeからは4号線を南下して国境を越えました。
アメリカに入国してからは、15号で南下しグレートフォールズに8時半頃着きました。
本日の宿泊先は、Hampton Innでした。ここでもアップグレードしてくれたらしく、ジャグジー付の部屋に泊まることができました。たくりんは、今回の旅行で2度目のジャグジーを存分に楽しみました。
[PR]
by takurin614 | 2005-09-20 16:20 | 旅行
9月8日(木)
朝、起きたら雨が降っていました。
でも、山の天候は変わるから・・・、とほのかな期待を胸にロッジを出て、まずはジャスパーからすぐの所にあるウィスラーマウンテンのトラムウェイに乗ってみました。
e0000175_6515276.jpg
ジャスパーの街って、Jの形をしているんですよ。近くに点在する湖も真っ青できれいでした。


e0000175_6523451.jpg展望台では、雲に覆われたり晴れてきれいな景色が広がったりの繰り返しでした。しかし、西側にあるマウントロブソンは、終始雲に覆われていて全く見えなかったのが残念。


e0000175_6561424.jpg
たくりんは、ここでも石投げ。岩と岩の間に石を投げて楽しんでいました。



次の目的地は、マウントエディス・キャベルとエンジェル氷河です。
本日の中では一番印象に残った場所でした。
ここでも、往復1.6キロのトレイルを歩いて、エンジェル氷河とその下にある氷河湖を間近で見てきました。このトレイルでもたくりんは完走ならぬ完歩!たくりんは、ジャンプしたり乗り物の真似をしながら坂道も難なく登りました。その代わり、パピーと私も交代でオートバイやら電車の真似をさせられましたが・・・。

e0000175_6583134.jpg
翼を広げたような形のエンジェル氷河。 トレイルを歩かないとこの形を見ることができません。

e0000175_6592717.jpg
ここでも、石投げを楽しんだたくりん。湖に浮かんでいた氷を拾うこともできました。



そして、アイスフィールドパークウェイに戻り、2つの大きな滝をチラッと見て、アイスフィールドセンターへ向かいました。途中ちょこっと晴れたりもしましたが、ほとんどが曇りか雨降りで昨日見たような景色が見れなかったのが残念でした。

アイスフィールドセンターに着き、アサバスカ氷河の上に立つことのできるツアーに参加しました。ここでも雨が降っていましたが・・・。
e0000175_861090.jpg

雪解け水?氷河の水?を飲むたくりん。パピーも私も飲みましたが、とっても甘くて美味しかったです。たくりんも「うまい!」を繰り返して、「また、飲む!」とパピーに何度もお願いしていました。パピー、お疲れ様でした。


e0000175_86596.jpg
アサバスカ氷河の上に立つパピーとたくりん。青いコーンより先は危ないため立ち入り禁止だそうです。氷河を楽しんで全員がバスに乗った直後、近くで雪崩が起こりました。(写真の右端の所です)やっぱり危ないんですね。ガイドのお兄ちゃんは、「雪崩を見ることができて良かったですねー。」なーんて言っていましたが・・・。

すでに時刻は6時。晴れていれば、あと2時間ぐらいは明るいはずなんですが、本日は雨。かなり暗くなってきました。ペイトレイクも見たかったんですが、暗くなってしまったので、あきらめました。明日晴れたら、ここにも来てみよう!と、期待を胸にペイトレイクを去り、本日の宿のレイクルイーズジャンクションに向かいました。
[PR]
by takurin614 | 2005-09-20 15:55 | 旅行
9月7日(水)
朝、カルガリーを8時前に出発し、1号でバンフへ、バンフからレイクルイーズまでは、旧道の1Aを通りました。カルガリーからもうっすらとロッキーマウンテンの姿が見えていたんですが、バンフに近づくと山々が目の前に迫ってきます。あまりにも素晴らしい光景が続くので、一体どの写真を撮っていいのかわからないほどでした。e0000175_5574719.jpg

バンフとレイクルイーズの間にあるキャッスルマウンテン


レイクルイーズジャンクションに10時半頃着き、レイクルイーズに向かいました。しかし、駐車場は満車。止める場所もないし、4時までにマリーンレイクへ着きたいこともあって、この日にレイクルイーズを見るのはあきらめました。(これが後悔することになるんですが・・・。)仕方がないので、近くのピクニックエリアでお昼を食べました。
e0000175_631012.jpg
満面の笑みでお昼を食べるたくりん。本日のお昼は、またもやおにぎりと昨日の夕飯の残りのチャイニーズ。


そして、アイスフィールドパークウェイを走り始めました。カナディアンロッキーの景色は素晴らしい、壮大、雄大です。どこまでも山が続いている感じ。景色に見とれて写真も撮りませんでした。明日、ゆっくり撮ればいいねー、なーんて思っていたものですから・・・。
ボウレイクの素晴らしいこと。山々の素晴らしいこと・・・。
アイスフィールドワークウェイを走り始めて1時間、初めて野生動物が姿を現しました。
e0000175_610769.jpg
写真で紹介されているマウンテンゴートとはちょっと見た目が違うんですが、とにかく、ヤギの一種であることには間違いありません。


2時間半かけて、230kmのアイスフィールドパークウェイを走り抜け、ジャスパーに着きました。
e0000175_615299.jpg
まずは、ガソリンを入れました。パピーのお手伝いで車の汚れを落としているたくりん。


ジャスパーから車で1時間弱のところにマリーンレイクがあります。ここで、本日最終のクルーズに乗りました。
e0000175_6343468.jpgここが有名なマリーンレイクの景色です。手前にスピリットアイランドがあり、その向こうに雪をかぶった山々が見えます。クルーズに参加しないと、この場所まで来れないようです。


またもや素敵な景色を堪能して、ジャスパーに戻りました。
本日の夕食は、アルバータ牛のステーキ。せっかくここに来たんだから、と思って食べてみました。美味しかったには美味しかったんですが、思ったほどでは・・・。パピーはやわらかくて美味しい!って思ったみたいですが。たくりんは、お昼寝から覚めたばかりで、おなかがすいてなかったらしく、レストランの窓から列車を見て喜んでいました。
そして、本日の宿へ向かいました。本日のお宿はジャスパー市街から車で15分ほどの所にあるピラミッドレイクにあるロッジです。
e0000175_6353742.jpgロッジへ行く途中、立派な角を持ったエルクが道路を横切りました。近くにいた子どもたちも「エルク!」って叫んで大はしゃぎ。でも、このエルク、近づきすぎると襲ってくることもあるそうです。

明日は、アイスフィールドパークウェイ沿いのロッキーの山々を楽しむぞ!と思いながら、眠りにつきました。
[PR]
by takurin614 | 2005-09-20 15:54 | 旅行
9月6日(火) 
朝、6時起床。いつものごとくパピーが朝食、昼食を用意。朝食はメニーグレイシャーホテルの裏にある小高い丘の上で食べました。e0000175_14574544.jpg
朝食を用意するパピーとたくりん。


e0000175_1501938.jpgこの景色を見ながら食べました。レイクの上に水蒸気が出ているのが見えますか?水温と気温の差が激しかったんですね。



e0000175_1524952.jpg公園内を走っているシーニックコーチ(観光バス)。私たちは車で行ったので乗りませんでしたが、乗り物好きのたくりんはこの赤いシーニックコーチが通るたびに「乗りたい、欲しい-!」と泣き喚いていました。ギフトショップにこのバスが売っていたので買ってあげようかとも思ったんです。でも、値段を見てビックリ。25ドルもしたので、買うのはやめました。ケチな親です。(笑)でも、これ、8歳以上って書いてあるし・・・、ということで、許してね、たくりん。

そして、メニーグレイシャーの景色を見ながらお別れです。
e0000175_15155818.jpg
とてもきれいな景色だったので、車から降りて写真を撮りました。きれいな景色の前で「グーチョキパー」を踊っているたくりん。近くで景色の写真を撮っていたカップルもたくりんの写真を撮っていました。よっぽどかわいかったんですね。(ただの親ばかですね。)

そして、カナダへ入国し、ウォータートンレイクナショナルパークへ行きました。
ここの景色も素晴らしかったです。ただ、光の関係と私の力不足で全くきれいな写真は取れませんでした。代わりに、たくりんの写真を一枚。e0000175_15275690.jpg
プリンスオブウェールズホテルの前、そして、レイクが見渡せる場所でお昼を食べました。しかし、たくりんは、砂を見つけ、車に砂を詰めて遊んでいました。この写真では、ぶすっとした顔をしていますが、それはそれは楽しそうに遊んでいました。ここでも、お昼ご飯より砂遊びが重要なたくりんでした。



このアッパーウォータートンレイクでもクルーズを楽しみました。このクルーズでは、レイクの対岸のゴートハウントというアメリカ側で30分間下船できました。でも、たくりんはクルーズの途中でお昼寝してました。
クルーズから戻り、ウォータートンレイクナショナルパークとお別れして、今晩の宿泊先のカルガリーへ向かいました。

本日は、久しぶりのHilton Garden Innでした。ここでは、なぜか、アップグレードしてくれたらしく、スイートでした。しかも、ジャグジー付。たくりんは、ジャグジーをとっても楽しんでいました。無料で泊まれて、この部屋。日頃、出張でホテルのポイントを貯めているパピーには感謝感謝です。
[PR]
by takurin614 | 2005-09-20 15:52 | 旅行
9月5日(月) 

朝、6時起床。いつものごとく、パピーが朝とお昼ご飯を作ってくれました。泊まったロッジがレイクマクドナルドのすぐそばだったので、レイクの見えるところで朝ご飯を食べました。e0000175_13203892.jpg
レイクに石を投げるたくりん。
昨日ほどは寒くありませんでした。それでも、長袖にフリースを着て暖かいお味噌汁を飲みながら朝ご飯を食べていましたが。



9時前にロッジを出発し、昨日通ったGTTSをセントメリーに向けて戻ります。昨日と同様ゆっくりとGTTSを走りました。

e0000175_1324625.jpg
ここが、GTTSのハイライトとなる場所で、後ろに見えるのは、マウント・レイノルドです。


e0000175_1326407.jpgたくりんでも歩けそうなトレイルがあったので、行ってみました。途中、大きな山リスを見つけ、たくりんは大はしゃぎ。結局、この短いトレイル(往復1.6マイル)も途中で引き返してきましたが、たくりんは、全ての道のりを自力で歩きました。えらいえらい!

e0000175_14334496.jpg

これは、GTTS沿いにあるちょっとした展望所から撮った写真です。ローガンパスとサンポイントの間にある場所なのですが、昨日はこの場所を見逃しました。ここが、カナディアンロッキーのマリーンレイクと似ている景色で、グレイシャーナショナルパークの中で、一番の景色だと思われます。レイクに浮かぶ小さな島は、「ワイルドグースアイランド」だそうです。残念ながら、たくりんは、お昼寝中でした。


セントメリーレイクを後にして、メニーグレイシャーに行きました。そして、ここでもレイククルーズを楽しみました。このクルーズは、「スウィフトカレントレイク」のほとりにあるメニーグレイシャーホテルから出発し、対岸で下りて、隣のレイクジョセフィンまで、1/4マイル歩き、そこでまた乗船してグリンネル氷河が見えるところで下りてさらにそのお隣にあるグリンネルレイクへのトレイルを歩くこともできるクルーズでした。
e0000175_14353053.jpg
トレイルを歩くパピーとたくりん。


e0000175_1437482.jpg
グリンネルグレイシャー(ほんのちょこっとしか見えないけど・・・。)


予定よりも一時間早いクルーズに乗ったので、レイクジョセフィンで下りて、レイクグリンネルまでのトレイルを時間の許す限り歩くことにしました。たくりんは、ここでも一生懸命歩きました。途中、パピーが肩車したりしましたが、ジャンプをしたり、オートバイや電車、車の真似をしながら楽しそうに歩いていました。時間がなかったので、またもや途中で引き返し、船に乗って、メニーグレイシャーホテルの方まで戻りました。

時間があり、そして、たくりんがもっと大きくなったら、乗馬も楽しみたい所でした。
[PR]
by takurin614 | 2005-09-20 13:17 | 旅行
9月4日(日)

朝、5時、パピー起床。私は5時半。たくりんは6時半に起きました。さすが、山のふもと。かなり涼しい、というより寒いです。これは、外で朝食を食べるのは無理だと判断して、部屋の中で食べました。それから、行動開始。まずは、ナショナルパークの入り口にあるビジターセンターへ戻り、昨日入手できなかったアクティビティのパンフレットや観光スポットをレンジャーに教えてもらい、早速、セントメリーレイクのクルーズ乗り場へ行きました。朝、一番のクルーズということもあり、私たちが一番乗り。さあ、出発です。e0000175_03496.jpg
セントメリーレイククルーズにて
このセントメリーレイクはカナディアンロッキーに代表されるマリーンレイクの景色に似ていると言われているそうです。残念ながら、ここにはスピリットアイランドらしきものが写っていませんが・・・。また、それは、後ほどの写真でお楽しみください。

お昼はセントメリーリバー沿いで食べました。
e0000175_1037426.jpg
川のそばで寝そべって石と戯れるたくりん。川に石を投げたり、手の上に石をのせたり・・・。食べることの好きなたくりんですが、お昼もそっちのけで遊んでいました。
誰もいないところできれいな景色を見ながら食べるお昼は最高です。人はほとんどきませんでした。鹿が1頭、川の水を飲みに近くまできました。

その後は、グレイシャーナショナルパークを東西に横切っている山道 「Going To The Sun Road(GTTS)」を通ってレイク・マクドナルドの方へ行きました。山の景色は本当に素晴らしいです。
e0000175_1053477.jpg
GTTからの景色。このGTTSは日本の山道を連想しました。


e0000175_10545822.jpgレイク・マクドナルドに続く川を上から見たところ


e0000175_1057337.jpgレイク・マクドナルドへと続く川のほとり。お昼寝から覚めたたくりん、ここでも石投げなどをして石と遊んでいました。







GTTSは50マイルほどの距離ですが、途中、景色を見るために立ち止まりながら、3時間ほどかけて西のアプガーと呼ばれる今夜のロッジのところまで来ました。今回のロッジは、昨日のロッジよりもかわいらしい感じ。裏には川が流れているし。なかなかいいところでした。
しばらくのんびりして、本日最後のアクディビティ、レイク・マクドナルドのサンセットクルーズに参加。クルーズが終わってから、レイクマクドナルドロッジの中にあるレストランで夕食を食べ、ロッジに戻りました。
[PR]
by takurin614 | 2005-09-20 00:05 | 旅行
ハイウェイ94 - モンタナ州 200 - 15 - 2 - 89
 
本日、パピーは5時起床。私は5時半。たくりんは6時過ぎ起床。今日からのお昼は、全てパピーが用意してくれました。7時前に3人でロビーにて朝食。昨日より早く起きたはずなんですが、今日も出発は8時半。しばらくは、何も変わらず、大平原の中を走っていました。2時間ほど走ると、セオドア・ルーズベルト・ナショナルパークの中を94号線が走っています。ほんの10分ぐらいでしたが、ちょっとしたキャニオンがあり、大平原の景色に飽き飽きしていた私には、とても素晴らしい景色に見えました。でも、そこを抜けるとまたもや大平原。11時頃、モンタナ州に入りました。モンタナ州から時間がかわります。ということで、モンタン州時間では、10時にモンタナ州に入ったことになります。モンタナ州に入ってすぐのインフォメーションセンターでグレートフォールズまでの道のりを確認のため、聞いてみました。
予定では、「94」でButteという街まで行き、そこから「15」でグレートフォールズまで行って宿泊でした。しかし、このルートと「Glendive」から「200」という道でグレートフォールズまで行くのとでは、距離にして200マイル違い、しかも、この「200」普通の道なんですが、制限速度が街中を除くと70マイルということがわかったので、このルートに変更しました。そして、Glendiveという町で、ハイウェイ94とお別れして、「200」という道を通って始めの町Circleに11時頃着きました。この小さな町のガソリンスタンドでガソリンを入れ、ピクニックエリアがあるところを聞き、そこで、本日のお昼です。
e0000175_147974.jpg

お昼を食べるたくりん。本当に何もないところでした。だれも通らないし、車も通らない。近くに牧場があり、牛のみ見えるところでした。
そして、グレートフォールズへ向けて出発です。この調子で行くと、グレートフォールズに到着するのが夕方になります。グレートフォールズからグレイシャーまで約3時間。それならば、グレイシャーに行ってしまえ!ってことで、行くことにしました。幸運にも、ナショナルパーク内のロッジも空き部屋がありました。
グレートフォールズに5時ごろ着き、そこから、ハイウェイ15でシェルビーという町に行きました。ここには、6時ごろ到着。そこのとっても小さなダウンタウンで昨日と同じ、チャイニーズで夕食を食べました。その後、明日からの朝、昼の分の食料の調達をし、2号線でグレイシャーナショナルパークに向かいます。1時間ぐらい走ると山が見えてきました。
e0000175_14161719.jpg

時刻は8時。これが、ロッキーの山々です。だんだん近づいてくる山を見ながら運転していました。89号線になる前に運転していた私はパピーと交代。夜、しかも山道の運転は怖いので・・・。
89号線はかなり曲がりくねっていました。真っ暗で何も見えないから余計にそう感じたのかもしれません。途中、放牧してある牛が3頭ほど道路のすぐ脇にいてビックリ。あんなのが飛び出してきたら、大変ですね。車も大きな被害をこうむるでしょう。幸い、飛び出してこなかったのでよかったんですが。そして、9時半、ようやく目的地であるグレイシャーナショナルパークに着きました。宿泊先のロッジは、ナショナルパークの入り口であるセント・メリーから6マイルほど入ったところにあるライジングサンでした。シカゴ時間では10時半。たくりんは、夕食の後、車の中で眠ってしまいました。昨日よりも長かったドライブ。昨日よりも疲れました。次の日から3日間、グレイシャーナショナルパークの景色を存分に楽しみました。
[PR]
by takurin614 | 2005-09-19 14:26 | 旅行
9月1日(木) ハイウェイ90
パピーがお仕事から帰ってきてすぐ行けるようにと全部準備したんですが、結局、家で夕食(と言ってもおにぎりですが・・・)を食べて出ました。出発時刻は7時過ぎ。今日の運転は、私です。と言っても、ウィスコンシン州のJanesvilleには9時前に着いたので、2時間弱ぐらいなんですけど。そして、本日のお宿、Hampton Innにチェックイン。今回の旅行の半分はホテルのポイントが貯まっていたので、無料。ヒルトン系列のホテルは、ブレックファーストがついてくるのがありがたい。Hampton Innはコンチネンタルブレックファーストのみなんですが、それでもありがたいことです。明日からのロングドライブに向けて、早めに寝ました。

9月2日(金)  ハイウェイ94
6時起床。早速、持っていった炊飯器でご飯を炊き、おにぎりを作りました。そして、7時、たくりんを起こし、ロビーへ朝食を食べに行きました。そして、8時出発。12時ごろミネソタ州に入り、そこのツーリストインフォメーションセンターのピクニックエリアで、おにぎりとラーメンの昼食。今回、パピーは張り切ってキャンプ用のなべやガスボンベを持っていったんですよ。もちろん、作るのは、パピーです。ありがとうございます。しばらく進むとミネソタ州最大の都市、ミネアポリスとセントポールに近づいてきました。大都市のダウンタウンを通り抜けるのに時間がかかるので、「94」から「694」に乗り換えてミネアポリスを通過し、また、「94」に戻りました。このミネソタ州はハイウェイ沿いには何もないところです。ずっと見渡す限りの平原。そして、夕方4時半頃ノースダコタ州に入りました。6時ごろ、「94」沿いにあるジェームスタウンという小さな町でチャイニーズの夕食。そして、本日の宿泊先のある、ノースダコタ州の州都、ビスマルクへ8時半頃着。本日のお宿は、FairField Innでした。こちらも、ポイントで宿泊できたので、無料。朝も、コンチネンタルブレックファーストがついています。長い長いドライブ、交代して運転したとは言え、疲れました。まだまだ道のりは長いです。明日もロングロングドライブになることでしょう。
[PR]
by takurin614 | 2005-09-19 13:50 | 旅行